出会いアプリで危険に会うかどうかは、まずは、しっかりとした運営元かそうでないかの判断ができるかどうか、だと思いますね。
しっかりとした運営元がやっているサービスであれば、当然、法律面でのクリアがなされていると言う事です。
法律面のクリアが出来ていると言う事は最低限の危険に対する防御力を持っていると思っていいでしょう。
しっかりとした運営がなされているサービスでは、携帯番号認証も、年齢確認も、なにも個人情報を狙っているわけではありません。
最低限のトラブルから身を守るために管理している情報という事なんでしょう。
流出に関しては厳しく管理されているのでさほど心配する必要はないのでは無いでしょう。
無論、流出の危険性が無いわけでは無いですし、出会いアプリを使っていたという事がバレてしまうと、ちょっと困るでしょうが、氏名や住所が流出するわけでは無いですから。
でも、しっかりした運営元でない場合は、逆に非常に危険な立場に置かれると思ったほうが良さそうです。
また、番号認証と年齢確認が無いような出会いアプリも非常に危険と思ったほうが良いです。
美人局、児童の援助交際などなど。
それにこういうアプリの運営元は得てして運営・管理がずさんで、おまけに、サクラいっぱいのサービスだったりするでしょう。
なぜなら、法律で決まっていることや運営上の手間を省いて利益のみを追求しているサービスである証拠だと思うからです。
児童買春などは大人の側が注意していれば大丈夫と思われがちですが、お金をほしい女の子は嘘だってついちゃうものです。
そこで知らなかったで、済まないのが児童買春みたいです。
恐ろしいですね。
では、しっかりした運営元ってドコ?って話になると思います。

まず確実なのは老舗の出会い系サイトが配布している出会いアプリでしょう。
なぜなら、老舗=信用があり法律や安全面で気を使っている、と言う事なのですから。